アサルト・チェイスについて|ドラゴンボール レイジングブラスト2

ボタン配置は基本同じですが、
「アサルト・チェイス」に移行すると、
キャラクター毎のボタン配置に成る様です。

・「主軸攻撃」..数回連打が可能
・「追従攻撃」..遠距離からの連携が可能で、
………….1連携中に1回使用出来る×2
・「派生攻撃」..このボタンから
「アサルト・ラッシュ」(高速連打攻撃)

「レイジング・ソウル」中では、
「レイジング・スマッシュ」(衝撃波の嵐)
に、派生します。

に、分類出来ます。

「派生」から「主軸」で
「レイジング・スマッシュ」に移行します。
(自称)
(お馴染みのプレッシャー攻撃の嵐ですね。)

(「メテオ・スマッシュ」から名前を付けました。)

正式名称は
「最長アサルト・チェイス」だそうです。
(情報、感謝します。)

大まかな流れは..、

□….△で始動し、
「主軸」→「追従」→「派生」→「主軸」
と云う流れです。

要するに、
十八番(オハコ)のキャラクターの
ボタンを見極めましょう。

その他、

通常状態でも可能な技ですが、

「□・↑+△・△」の打ち上げ攻撃からの
「高速連打攻撃」(アサルト・ラッシュ)
(自称)
は、「悟空」等が使用出来ます。
(18号、クリリン、や..)

しかし、
「ベジータ」等の場合は、

「□・□・ △(長押し)・△」の
吹き飛ばし攻撃から
「アサルト・ラッシュ」に成ります。
(御飯(幼年期)、ピッコロ、トランクス(幼年期)、
ラディッツ、ベジータ(スカウター)、や..)

但し、
通常状態の場合は、
「アサルト・チェイス」に
移行してしまうと発動しません。
(初段のみ可能な様です。)

「レイジング・ソウル」中でも、
「初段」ならば、
「アサルト・ラッシュ」が可能です。

(名前が気になります..。)

例外、

打ち上げ派生
「□….↓+△・△・△」は可能。

吹き飛ばし派生
「□・□・□・△・△」は可能。

・・追記・・

魔人ベジータにて気付いた事が..。

「強攻撃」からは、
「起動ボタン」さえ合えば
「アサルト・ラッシュ」に「派生」しそうです。

「魔人ベジータ」は「×」(ダッシュ)が
「主軸攻撃」です。

「強攻撃・1」は、△・×・×
「強攻撃・2(最大)」は、×(基本)
「強攻撃・3」は、△・×・×
「強攻撃・4」は、×・△・×..成らず。
「□×5」は、×・△・×..成らず。
「強攻撃・上」は、×・×
「強攻撃・下」は、×・×

派生しない技も有りますが..、
ほぼ出来そうです。

因みに、
「成らないもの」は、
「レイジング・ソウル」中ならば
「レイジング・スマッシュ」に派生します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です