ドラゴンクエストVI 幻の大地 ゲーム紹介

[rakuten]ubook:10697837[/rakuten]

■天空シリーズ最後の作品がついに登場!
ニンテンドーDS 版『ドラゴンクエストVI 幻の大地』は、2007 年発売のニンテンドーDS 版『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』、2008 年発売のニンテンドーDS 版『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』に続く、「ドラゴンクエスト」天空シリーズ最後の作品です。
本作のオリジナル版であるスーパーファミコン版は、1995 年12 月の発売。それから実に15 年ぶりの初リメイクタイトルで、企画・開発はニンテンドーDS 版『IV』『V』も手掛けたアルテピアッツァが担当。ニンテンドーDS ならではの2画面に、リアルで温かみのある世界が展開し、鳥山明氏デザインの個性的なモンスターが戦闘シーンで臨場感豊かに動きまわります。

■すべてが謎に包まれた深淵なるストーリー

主人公は、辺境の村で平和に暮らしていた少年。ある時、「幻の大地」と言われる世界の一端を目撃し、山の精霊からのお告げを受けたことをきっかけに、村から旅立つことを決意します。
堀井雄二氏のシナリオが生み出すドラゴンクエストならではの胸躍る冒険物語にシリアスなドラマも加わり、すべてが謎に包まれた深淵なストーリーが展開。ふたつのワールドマップが存在する不思議な世界を旅していきます。

■個性的な仲間キャラクターが登場
本作では主人公のほかに、鳥山明氏デザインによる個性的な5人の仲間キャラクターが登場。彼らとパーティーを組み、馬車や不思議な乗り物を使って壮大な旅に繰り出します。また、オリジナルのスーパーファミコン版にはなかった「仲間会話システム」を搭載。いつでも仲間の話を聞くことができ、キャラクターの個性を楽しみながら波乱に満ちた物語を体験できます。

■謎解きの楽しさも充実!
冒険の途中では、ナゾめいた町や、数々の仕掛けが施されたダンジョンなどが多数登場。さまざまな謎を自分自身で解き明かしていく醍醐味を楽しむことができます。

■情感豊かな音楽

もちろん本作でも、すぎやまこういち氏作曲による音楽の数々が、冒険を臨場感豊かに彩ります。内蔵音源で原曲の情感を見事に再現。また、オープニング曲「序曲のマーチ」はストリーミング再生により、東京都交響楽団演奏による生オーケストラのサウンドを堪能できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です